読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジムのウェブ日記帳

ロボ系・特撮、広く浅く。 何もなくてもなんかひねりだして毎日更新中~( ̄▽ ̄)/

終戦記念日

今日は日本人なら誰もが知っている、終戦記念日です。
71年前の正午に、昭和帝の玉音放送によって戦争に負けたことを受け入れた日です。
なんか回りくどい言い方になってしまいましたね。
「戦争に負けたことを受け入れた」と書きましたが、誰が受け入れたのか?
これは国民です。
国ではありません。
国が国として降伏したのは9月2日、戦艦ミズーリでの降伏文書に調印した時になります。
(なぜこの戦艦だったかと言うと、当時の大統領、トルーマンの出身州にちなんでだそうです)

今日は正しくは、「日本側が武力行為を終結した日」になります。
ポツダム宣言を受諾して終戦。とありますが、
ポツダム宣言とは、アメリカ・イギリス・中華民国による「日本への降伏要求の最終宣言」です。
詳しく知りたい方はググってみて下さい。
簡単に言うと、日本軍は武装解除して降伏しろ。と言った内容です。
よく、日本は無条件降伏した。と言いますが、無条件に降伏したのは「日本軍」であり、「日本政府」は条件付きの降伏です。
では条件とはなにかと言いますと、「国体の護持」です。
国体は国民体育大会などでは、当然なくて、
日本という国、日本国民にとって大事なものごとのことです。
日本人のアイデンティティーとでも言いますかね。
皇室を守るのも国体でありました。
もしこの条件が飲まれなければ、日本人は滅んでいたかも知れません。

世界は残酷です。
特に当時のアジア含め有色人種の人々は、
白人からは人とは思われていませんでした。
日本を守るため、
家族や未来の日本人を守るために散っていかれた英霊達に、
感謝と祈りを捧げたいと思います。

毎日、つつがなく暮らせることがとても幸せです。